ラ・リオハの秘境 ガストロノミーホテルに泊まるエスカライ(Ezcalay)

ラ・リオハ州のログローニョという大きな街から、西へ行くとカスティーリャ・イ・レオン州のブルゴスという街に着きます。エスカライは、ログローニョとブルゴスの真ん中あたりにある、谷間の街です。「リオハ・アルタ」とう地方に立地します。人口約2000人の小さな街ですが、スキーリゾートとして知られています。まさに自然いっぱいの小さなかわいらしい雰囲気の街。見どころを紹介します。

エスカライで必ず泊まりたい!ガストロノミーホテル「エチャウレン」(Echaurren)

「エチャウレン」は、エスカライで100年以上続くホテルです。

現在で5代目、3兄弟が舵をとっています。外観は伝統的な昔のスタイルを残していますが、内装は全面リニューアルされていてとてもモダン。ホテルの部屋はミニマリストでお洒落です。部屋の窓から見える風景は、緑の芝生(夏なら)と向かいにある石造りの豪華なお屋敷。いかにもスキーリゾートな雰囲気です。

が、やはりこのホテルの目玉は食。ガストロノミーホテルと呼ばれるだけに、ホテル内にはミシュラン2つ星の「エル・ポルタル」(El Portal)をはじめ4つのレストラン、バルがあります。「エル・ポルタル」の料理は細部まですごく凝っていて絵画のようなタイプ。

そして「エチャウレン・トラディシオナル」は、今のオーナーたちのお母さん、マリサシェフが切り盛りしていたレストランです。コロッケやひよこ豆の煮ものなど家庭の味がエレガントな雰囲気で味わえます。

「ブリスト・エル・クアルティート」は、今のオーナーさんたちが子供だったとき、学校から帰るとお菓子を食べていたというカジュアルなレストラン。

そして「タパス・バー」。4つのレストランそれぞれで全然違うメニューを楽しませてくれます。オーナーの1人でシェフのフランシスさんは、国外も含め様々なレストランで仕事をしてきましたが、休みごとにエスカライに戻って家の厨房を手伝っていたそうです。

エスカライの街がとても好きで、お母さんが築いたレストランの名声を守ろう、そしてさらに良くしようという意気込みがひしひしと感じられました。お母さんのレシピで作るコロッケは地元の人に愛される名品。

バルセロナも含め取材をしているとコロッケが名物というお店はかなり多いのですが、このお店のコロッケ、さすがです。ホワイトクリームの固さが絶妙で生ハム入り。

朝食までワクワクさせてくれます。手作りのクアハーダは、ヨーグルトのり味わい深くチーズより軽い、不思議なおいしさなのでお試しあれ。

エスカライってどんな街?

茶色の屋根の石造りの家が集まった、かわいい集落といった街全体がかわいいので、ぶらぶらお散歩するだけで素敵な気持ちになれます。軽井沢で静養…といった感じ。「バルデスカライ」というスキー場があるので、スキーをする方にもおすすめ。私は断然夏がいいですが!夏はバスク地方やフランス、ドイツ、イギリスからのバカンス客で賑わいます。

エスカライの見どころ

まず、エスカライは大都市のようにモニュメントやミュージアムを訪れて楽しむ街ではありません。自然や街並みをのんびり満喫する街です。おいしいものを食べつつ!でも歴史ある建築物は見ておきたいもの。例えば市役所。1749年に創立した布巾の工場を改築したもので、市役所とペンションがあります。

街の散策で見ておきたいのは、かわいい広場。「プラサ・デ・ラ・ベルドゥーラ」(Plaza de la verdura)と、「プラサ・デル・キオスコ」(Plaza del quiosco)という2つの広場があります。街の地図をもらって歩いてみましょう。「プラサ・デル・キオスコ」には、「パラシオ・デル・アルソビスポ・バロエタ」(Palacio el Arzobispo Brroeta)という1753年にたてられた宮殿があります。宮殿といっても全く宮殿らしくないのが印象的です。その宮殿の前にある「イグレシア・デ・サンタ・マリア・ラ・マヨール」(Iglesia de Santa Maria mayor)という教会があります。16世紀に建てられた質実剛健な佇まいの教会です。

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.